40種類もの栄養

良いローヤルゼリーは良い女王蜂から

優秀な女王蜂がいることによってそれだけミツバチたちの生産性にも影響を及ぼすとされていますので、ローヤルゼリーにも影響がでてくるとされています。
ですので、できるだけ優秀な女王蜂が必要となってきます。

優秀な女王蜂を得るためには、まず温暖な土地が必要となり温暖な土地であれば冬場の活動休止期間を減らすことができます。
他にも花が豊富で巣箱にミツバチが寄ってくる数が多ければより良いということがあります。

女王蜂は大きければ大きいほど良い女王蜂とされていますが、他にも遺伝の面もとても重要となり産卵力が豊富という場合、
ローヤルゼリーを豊富に分泌すること、蜜・蜜ろうの生産力、性質が温和・病気に強いことなど様々な条件があります。
これらは人工授精によって優秀な雑種が望ましいとされています。

また、女王蜂の飼育を雌蜂の幼虫を34度前後の低温器に入れることによって、ローヤルゼリーを与えるという人工飼育を行っている養蜂家もおります。
ミツバチにとっては女王蜂が存在にないことは、非常事態となり急いで新しい女王蜂を準備しなければいけない状況になるのです。

ですが、冬以外はいつでも王台を作りローヤルゼリーを与え続けるので予備の王台が日々20個程度は準備している状態になっています。
自然の王台で育った女王蜂と人工的に作ったもので育った女王蜂とでは特に大きさなどには違いがないとされており、品質の差も特にないといわれています。

また、良い女王蜂を育てるためにはふ化後3日目の時に新しい幼虫と取り換える二回移虫法ということを行うことによってより大きな女王蜂に育つともされています。

このように様々なことを研究し、自然のローヤルゼリーと同等なローヤルゼリーを人工的につくることができるようになります。
より良い品質のローヤルゼリーを多くの方に愛用できるようになってきています。

ローヤルゼリーは本来は女王蜂、または幼虫が摂取するものですが女王蜂は働き蜂よりも20倍も長く生きることができるとされております。
とても身体に良い成分を多く含んでいるとされています。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーとハチミツですが、効能は全然違います。比較してみましょう。